会社情報

会社情報インデックスへ

ホーム > 会社情報 > 海外事業

海外事業

八幡ねじは、世界最適生産を目指しています。 その一つの結晶が、開発良品=YTシリーズ=

八幡ねじは世界最適生産を目指して、海外進出をしました。2000年タイに製造・販社の2現地法人を設立。2003年、タイに続き海外2番目の製造工場を中国・上海市郊外に開設。また、2011年にはインドネシアに海外3番目の製造工場を開設しました。これにより日本・タイ・中国・インドネシアの4製造拠点体制を確立し、顧客のニーズに対して、より一層スピーディに、また低コストで応えられる体制が完成しました。八幡ねじはお客様の高い品質基準にお応えする国際調達システムを構築しています。世界最適生産を目指して取り組んだ、その結晶の一つが開発良品です。
開発良品とは、主として海外生産の品物を、その開発から製造のすべてのステージで八幡ねじが関与し、品質を保証する商品です。ローコスト、高品質を実現したものです。

お客様の高い品質基準にお応えする国際調達システム

当社では、海外輸入業務を担当する部署を購買に設置し、中国、韓国、台湾などの東アジアを中心として独自の輸入ルートを開拓、業務を展開しています。

国際分業のさらなる推進に向けて海外工場設立

2000年タイに製造・販社の2現地法人を設立しました。これらの現地法人の設立に伴って、日本での対応はもちろん、タイに於ける日系企業、外資企業に対して、低価格、安定供給を実現しています。

(株)八幡ねじの海外工場はTS16949認証

2011年、タイ、中国に続き、インドネシアに製造工場を開設しました。これにより、日本・タイ・中国・インドネシアの4製造拠点体制を確立し、顧客ニーズに対して、より一層スピーディに、また低コストで応えられる体制が完成しました。中国現地法人では製造と加工を通して、日本、中国だけでなく広く世界を視野に置き、中国を当社の「モノづくり」の中核的拠点と位置づけていきます。現在、上海八幡五金有限公司、ヤハタファスナー・タイはISO14001、ISO9001とともにTS16949を取得。ヤハタファスナー・インドネシアはTS16949を取得しております。

このページの先頭へ

お問い合わせ

弊社商品・弊社に関するお問い合わせ、ご意見、ご質問等はこちらからお願いいたします。